[Translate to japanese:]
TIGER Drylac粉体塗料

粉体塗装のメリット

粉体塗料は有機溶剤を使用しない塗料で、3つの製造工程を経て細かい粉状の塗料に加工されます。  粉体塗料は、静電スプレーガンまたは摩擦帯電ガンにより人物に塗布されます。その後の焼付工程で塗料が溶け、150°C to 200°Cの温度で架橋し塗膜となります。

工業表面仕上げとしての粉体塗料の台頭は1960年代に始まり (History of Powder Coating)、下記の特徴から現在も成長を続けています:

  • 有機溶剤を含まない
  • ほぼ100% 使用が可能
  • 塗装及び清掃が容易
  • さまざまな素材に塗装が可能
  • 製品の保護と装飾が同時に行える
  • TIGERグループは最も多彩な色と仕上げを提供

粉体塗料の製造工程

TIGER Drylac®粉体塗料は有機溶剤を一切含まない塗料で、数々の合成樹脂、顔料、特殊な添加剤を混合して造られる高性能な表面処理用の塗料です。粉体塗料は3つの工程を経て製造されます。原材料の予備攪拌工程、練り込み工程、粉砕工程を経て粒子の細かい塗料が作られます。使用目的に応じて塗料の粒子は一定の粒度分布にそろえられます。

液体塗料と大きく違う点は、粉体塗料は有機溶剤を一切含んでいないl事です (粉体塗料の製造工程)。 粉体塗料は静電スプレーガンまたは摩擦帯電ガンにより人物に塗布され、160°Cから200°Cの温度(被塗物表面温度)で融解と化学的な架橋が行われます。

粉体塗装の歴史

粉体塗装の歴史は1940年代後期に始まり、1950年代初期には有機ポリマーを粉末状にして金属に塗布されていました。ドイツの科学者Dr. Erwin Gemmerがこの頃、熱硬化型粉体塗料の流動層による塗装方法を開発し、1953年5月にこの塗装方法の特許が登録されました。1958年から1965年までの間は全ての粉体塗装が流動層を使用した流動浸漬法により行われており、一般的には150µmから500µmの機能性塗膜、即ち、電気絶縁材、防錆、摩擦抵抗等の分野で主に使用されていました。この時代の塗料の原材料はナイロン11、CAB、ポリエチレン、プラスチックPVC、ポリエステル、塩素化ポリエーテルなどが主に使用されていました。同時に、熱硬化性エポキシも使用され、たとえば、食器洗浄機のバスケット(PVC)、熱絶縁材(エポキシ)、船舶部品(ナイロン)、金属家具(PVC、CAB)なども使用されています。エポキシ樹脂粉体塗料の基本形を開発したのはBosch社で、絶縁材料として使用されました

用途によっては膜厚が厚すぎる事と、米国で開発され1962年から1964年にかけて米国及び欧州で実用化された静電気による粉体塗装方法は流動浸漬法の拡大を阻む事となりました。Sames社により開発された静電塗装の為の静電塗装ガンは「サメスライジング」という言葉を誕生させ、更なるハードルを克服する事となりました。1966年から1973年に現在も使用されている4つの気のん的な熱硬化性樹脂、エポキシ、エポキシ/ポリエステル、ポリウレタン、ポリエステルが開発され流通が始まりました。ドイツの粉体塗装工場は1966年の4工場から、1970年には51工場に増える事となりました。1970年代初めから粉体塗装は世界中で急速な伸びを記録する事となり、1980年にようやく急成長が落ち着く事となりました。この当時までの粉体塗装は非常にコスト高で、膜厚は実用には厚過ぎ、色替えの問題も多くあり、高温の焼付は色数や仕上げ、素材を制限するというさまざまな問題を抱えていました。

1980年代はじまより継続的な原材料の研究開発、塗料製造のノウハウの蓄積、塗装技術の向上により粉体塗装は世界的は規模で伸びを記録する事となりました。新たな応用分野(例えば、MDFやコイルコーティング等)の広がりと環境保全関連法案の施行等でこの先数十年も更なる躍進が見込まれています。

参考文献

Association of the Austrian Chemical Industry, "Unser Lack und seine Zukunft" (Our Coating and Its Future),Edition, March 1991; updated 2 C. Herrmann, "Grundlagen der Pulverbeschichtung" (Principles of Powder Coating), April 1999, internal training documents, TIGER Coatings GmbH & Co. KGThe Powder Coating Institute, "Powder Coating. The Complete Finisher's Handbook", Second Edition, 1999J. Pietschmann, "Industrielle Pulverbeschichtung" (Industrial Powder Coating), JOT reference, October 2002, p. 1J. Pietschmann, "Industrielle Pulverbeschichtung", JOT reference, October 2002, p. 1, updatedJ. Pietschmann, "Industrielle Pulverbeschichtung" (Industrial Powder Coating), JOT reference, October 2002, p. 2A. Goldschmidt/H. J. Streitberger, BASF Handbuch Lackiertechnik (BASF Coatings Technology Manual), BASF Coatings AG, Münster, Vincentz Verlag, p. 596, 2002; partially updated

Back to Top
言語の選択
コンタクト